HOME前回の開催報告雨水管理のスマート化戦略シンポジウム 変化する雨の姿と法制度~雨水管理の高度化を実現する施策と技術~

出展者の皆様へ

出展者専用WEB

マイページ

出展に関する資料請求

来場者の皆様へ

来場事前登録

※来場事前登録済みの方
セミナー参加申込み・追加・変更はこちらから>>>
(ログイン画面に移ります)

来場者専用WEB
(マッチングメンバー限定)

マイページ

主催

(株)株式会社JTBコミュニケーションデザイン

お問い合わせ

InterAqua事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン

〒105-8335 
東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング
TEL:03-5657-0757
FAX:03-5657-0645
E-mail: interaqua@jtbcom.co.jp

※ 4/1から会社名が変更になりました。(旧社名:(株)ICSコンベンションデザイン)

個人情報の取り扱いについて

特定商取引法に基づく表示

1/27(水) 満席
雨水管理のスマート化戦略シンポジウム
変化する雨の姿と法制度~雨水管理の高度化を実現する施策と技術~

2015年11月に水防法、下水道法等の改正法が全面施行され、わが国の雨水管理政策は大きな転換期を迎えました。気候変動に伴い、全国各地で雨の降り方が大きく変化し、その適応策が求められています。今後、一層重要性を増す雨水管理政策について、国、地方、コンサルタントの立場から現状と課題、展望について多角的に発信します。前回好評をいただいた、昨今の最重要水問題の一つである雨水管理をテーマにしたシンポジウムの第二弾です。ご登録はお早めに!

日 時

1月27日(水)13:00-15:30

会 場

展示会場内セミナー会場

主 催

株式会社ICSコンベンションデザイン

協 力 国土交通省水管理・国土保全局下水道部、株式会社日本水道新聞社(日本下水道新聞)
参加費無料(先着順、事前登録制)

参加申込方法

※セミナー・カンファレンスのお申込みの前に、展示会の事前来場登録が必要です

展示会の事前来場登録がまだお済みでない方展示会の事前来場登録が既にお済みの方

プログラム

基調講演
13:00~13:30
加藤 裕之氏
「国土交通省における雨水管理政策」

【講演者】

加藤 裕之氏 国土交通省水管理・国土保全局下水道部 流域管理官

【講演内容】

全国で局地的な豪雨に伴う災害が頻発する中、今年5月に水防法、下水道法が改正され、雨水管理政策は大きな転換期を迎えた。法制度の改正に伴い、内水に係る浸水想定区域制度、浸水被害対策区域制度、雨水公共下水道制度など、ハード・ソフトの両面から新たな雨水管理施策メニューが打ち出された。講演ではこ れらの施策を解説するとともに、これらの施策推進に不可欠な技術イノベーションの方向性、国土交通省下水道部が取り組む技術開発プロジェクト(B-DASH)、今後の施策の方向性等を紹介する。

【講演者プロフィール】

昭和61年建設省下水道部に入省、その後滋賀県庁、日本下水道事業団計画課長、国土交通省下水道事業課町村下水道対策官、下水道企画課下水道事業調整官等を歴任し平成25年4月より現職

東北大学未来科学技術共同研究センター特任教授

パネルディスカッション
13:40-15:30
「水防法改正の先に 雨対策・現場のこれから」

【講演内容】

水防法、下水道法の改正後、雨水管理施策の推進に不可欠な地方公共団体の取組について、先進的に取り組む3つの自治体とこれらの現場を支えるコンサルタントの立場から、議論を展開する。国内でも屈指の事業規模で雨水対策を進める横浜市、B-DASHに取り組む富山市、管内市町村と一体で取り組む埼玉県の取組を通じて、今後の雨水管理施策の課題と施策推進のポイントを探る。

【パネリスト】

加藤 裕之 氏 国土交通省水管理・国土保全局下水道部 流域管理官
竹内 徹也 氏 横浜市 環境創造局 下水道計画調整部 下水道事業調整課長
酒井 正道 氏 富山市 上下水道局 下水道課長
野崎 高司 氏 埼玉県都市整備部 都市計画課公共下水道担当 主幹
服部 貴彦 氏 株式会社日水コン 下水道事業部 東部事業マネジメント部
 (兼)ビジネス・イノベーション部 部長
【ファシリテーター】
武田 教秀 氏  日本下水道新聞

TOPへ戻る

Copyright© 2016 JTB Communication Design, Inc. All rights reserved.