HOME > セミナー・カンファレンス > 特別企画(第2弾)「雨水管理のスマート化戦略」 シンポジウム~雨主流下水道への転換~

ご来場の皆様へ

出展者専用WEB

主催

(株)ICSコンベンションデザイン

お問合わせ先

InterAqua事務局
㈱ICSコンベンション
デザイン

〒101-8449
東京都千代田区猿楽町
1-5-18 千代田ビル
Tel: 03-3219-3564
Fax: 03-3219-3628
email:
interaqua@ics-inc.co.jp

個人情報の取り扱いについて

同時開催展

  • enex 2015
  • Smart Energy Japan 2015
  • 新電力EXPO 2015
  • Convertech JAPAN 2015
  • 新機能性材料展2015
  • フィルム産業展
  • 3次元表面加飾技術展
  • 先進印刷技術展
  • Printable Electronics 2015
  • 試作・受託加工展
  • nano tech 2015
  • ASTEC2015 国際先端表面技術展・会議
  • SURTECH2015 表面技術要素展
  • 3D Printing 2015

セミナー・カンファレンス

特別企画(第2弾)「雨水管理のスマート化戦略」 シンポジウム~雨主流下水道への転換~

日 時 1月30日(金)13:00-16:00
会 場 東1ホール内 「セミナールーム B」
主 催

株式会社ICSコンベンションデザイン

協 力 国土交通省水管理・国土保全局下水道部、株式会社日本水道新聞社(日本下水道新聞)
参加費無料(先着順、事前登録制)

プログラム

基調講演
13:00~13:45

雨水管理の高度化に向けて

【講演者】

古米 弘明氏 東京大学大学院工学系研究科 附属水華僑制御研究センター 教授

【講演内容】

都市の持続再生が求められる時代において、いかに雨水管理を進めるかが問われている。雨水排除や流出抑制による浸水対策だけでなく、地下水涵養、合流式下水道の改善、ノンポイント対策、雨水利用など多面的な視点から雨水を管理することが大事である。そのためには、施設情報やレーダ雨量情報を用いた流出・浸水シミュレーションを積極的に活用して、現有ストックの機能診断を行い、他事業と連携しながら、きめ細やかなで効率的な管理への高度化に挑戦することが求められる。

【講演者プロフィール】

学歴・職歴:昭和59年 東京大学大学院工学系研究科博士課程 修了(工学博士)、その後、東北大学工学部助手、九州大学工学部助手、同 助教授、茨城大学工学部助教授、東京大学大学院工学系研究科助教授、平成10年より同 教授 専門分野:都市環境工学 研究領域:水環境保全・制御、都市雨水管理、水源水質評価 学外活動:厚生科学審議会部会委員、中央環境審議会部会委員、IWA役員、日本水環境学会理事(副会長)、環境科学会理事、日本水道協会や日本下水道協会の各種委員、Water Research編集委員など 

講演
13:50-14:05

国土交通省における雨水管理政策

【講演者】

加藤 裕之氏 国土交通省水管理・国土保全局下水道部 流域管理官

【講演内容】

局所集中豪雨に対し、下水道による効率的・効果的な対策が求められている。ハードとソフト、さらには既存ストック活用、ICT技術などによる対策を早急に進めるための、国土交通省の新たな政策や技術について説明する。

【講演者プロフィール】

昭和61年建設省下水道部に入省、その後滋賀県庁、日本下水道事業団計画課長、国土交通省下水道事業課町村下水道対策官、下水道企画課下水道事業調整官等を歴任し平成25年4月より現職
東北大学未来科学技術共同研究センター特任教授

14:10-14:35

2020年東京五輪・パラリンピックに向けた雨に強いまち東京

【講演者】

坂根 良平氏 東京都下水道局 計画調整部 計画調整部長

【講演内容】

明治41年の東京市下水道設計以来、東京の下水道は雨水対策と向き合ってきたが、昭和50年代後半からは都市化の進展に伴い、「都市型水害との闘い」になってきている。都下水道局では、様々な工夫を図りながら浸水対策に取り組んでおり、昨年は、これまでの時間50㎜整備をレベルアップさせる対策を含んだ「豪雨対策下水道緊急プラン」を策定した。これらの取り組みを紹介し、さらに今後の浸水対策の方向性にも触れることとする。

【講演者プロフィール】

昭和32年4月生 昭和56年東京都下水道局入都後、平成17年東京都下水道局建設部設計調整課長、その後、総務局参事(江東区派遣)、下水道局担当部長(財団法人下水道新技術推進機構派遣)、下水道局中部下水道事務所長、同局技術開発担当部長、施設管理部長を歴任。平成26年7月より現職。

パネルディスカッション
14:45-16:00

変わる雨の姿に備える雨水管理スマート化戦略

【ファシリテーター】

古米 弘明氏 東京大学大学院工学研究科 教授

【パネリスト】

野村 喜一氏 全国上下水道コンサルタント協会 会長
加藤 裕之氏 国土交通省水管理・国土保全局下水道部 流域管理官
榊原 隆氏  国土技術政策総合研究所下水道研究部 下水道研究官
坂根 良平氏 東京都下水道局 計画調整部長

野村 喜一氏 全国上下水道コンサルタント協会 会長

【プロフィール】

昭和46年4月(株)日水コン入社。平成21年12月同社代表取締役社長に就任。
平成22年5月(一社)全国上下水道コンサルタント協会理事就任。
平成26年6月同協会会長に就任。現在に至る。
多年に亘り下水道計画に携わり、雨水計画についても大規模貯留施設をはじめ数多くの雨水施設を計画・設計してきた。
今後の雨水管理は従来の事業整備手法を見直し、地域ごとにきめ細かく対応することが必要であり、そのためのベースとなる降雨や地域特性を把握することが重要との持論を有する。


榊原 隆 氏 国土技術政策総合研究所下水道研究部 下水道研究官

【プロフィール】

昭和34年生まれ 東京都出身
昭和60年3月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 修了
同年4月 建設省入省、建設省土木研究所下水道研究室配属 一貫して下水道関係の行政、研究に従事
平成23年9月 インド共和国派遣(JICA専門家(下水道セクター技術政策アドバイサー))
平成26年5月 国土交通省国土技術政策総合研究所下水道研究部 下水道研究官 現在にいたる

TOPへ戻る

Copyright© 2014 ICS Convention Design, Inc. All rights reserved.