HOME > セミナー・カンファレンス > Aqua Week3 2015 APDA & JDA Joint Forum

ご来場の皆様へ

出展者専用WEB

主催

(株)ICSコンベンションデザイン

お問合わせ先

InterAqua事務局
㈱ICSコンベンション
デザイン

〒101-8449
東京都千代田区猿楽町
1-5-18 千代田ビル
Tel: 03-3219-3564
Fax: 03-3219-3628
email:
interaqua@ics-inc.co.jp

個人情報の取り扱いについて

同時開催展

  • enex 2015
  • Smart Energy Japan 2015
  • 新電力EXPO 2015
  • Convertech JAPAN 2015
  • 新機能性材料展2015
  • フィルム産業展
  • 3次元表面加飾技術展
  • 先進印刷技術展
  • Printable Electronics 2015
  • 試作・受託加工展
  • nano tech 2015
  • ASTEC2015 国際先端表面技術展・会議
  • SURTECH2015 表面技術要素展
  • 3D Printing 2015

セミナー・カンファレンス

日 時 1月29日(木)10:00-17:00
会 場会議棟6階「606会議室」
主 催

Asia Pacific Desalination Association (APDA)
日本脱塩協会(JDA)

参加費 会員 20,000 円、非会員 40,000 円 (早期割引料金)
会員 30,000 円、非会員 50,000 円 (通常料金)
(注1)上記会員とは、JDA法人会員所属の個人会員です。
(注2)早期割引は、12月31日までに登録された場合に適用。
後 援 膜分離技術振興協会、日本膜学会、造水促進センター、日本海水学会、日本水道協会、日本液体清澄化工業会、日本水環境学会、日本水フォーラム、産業競争力懇談会、海外水循環システム協議会、日本水道工業団体連合会、新エネルギー・産業技術総合開発機構、日本水道新聞社、水道産業新聞社 (予定)
懇親会

2015年1月29日(木)17:30-
会場:東京ビッグサイト8階イタリアンレストラン「アルポルト東京ビッグサイト店」
会費:7,000円(会員、非会員とも)

プログラム

10:00-10:10
開会挨拶/ Opening Address

APDA会長 栗原 優 /Dr. Masaru Kurihara, President of APDA, Director of IDA

基調講演
10:10-10:40
Mega-ton Water Systemの成果と今後の展望
Mega-ton Water System -Large scale desalination system for 21st century key technology with low energy and low environmental impact-

Dr. Masaru Kurihara, Fellow of Toray Ind., Inc.
Senior Scientific Director of Mega-ton Water System Project (2010-2013)
メガトンプロジェクト(2010-2013)中心研究者 栗原 優

【講演内容】

「水の惑星」と言われる地球の水はほとんどが海水で、飲料水や農業に使える水はごくわずかである。人口増加と経済発展のため、今後ますます加速する水不足を根本的に解決するのが海水淡水化技術である。この海水淡水化に欠かせない素材である「逆浸透膜」は、日本企業が世界シェア7割を占める強みのある技術であり、これを活かしながら、海水淡水化プラントシステム全体の設備及び運転コストを大幅に低減させると共に、地球環境への負荷低減にも配慮したメガトンウオーターシステムの技術開発をFIRSTプログラムで取り組んできた。本技術は中東や中国から注目されており、今後の展開が期待できる。

【講演者プロフィール】

1940年12月17日、群馬県生まれ

1963年 東洋レーヨン株式会社(現 東レ)入社
1970年 米国IOWA大学 J.K. Stille教授ののもとで博士研究員留学。 
米国政府(OSW)資金に基づき「海水淡水化膜素材の研究」着手
2003年 専任理事 水処理本部 研究本部担当
2006年 顧問 水処理・環境事業本部
2009年 内閣府「最先端研究開発支援プログラム:メガトン水システム」
中心研究者(FY2009~FY2013)
2010年 フェロー 水処理・環境事業本部

・国際脱塩協会(IDA)理事 アジア・太平洋脱塩協会(APDA)会長
・日本化学会・高分子学会 フェロー

10:40-11:10
韓国第二期大型ナショプロ/グローバルMVP
Global MVP (MD, VRR & PRO) Research in Korea
(Note) VRR: Valuable Resource Recovery

Prof. Seung-Hyun, Kim, Kyungnam University,
Director of Global MVP Research Consortium,

【講演内容】

Global MVP (GMVP) is a newly launched research consortium on the subject of seawater desalination, financially supported by the Korean government of MoLIT and its research managing institute of KAIA. Here, MVP indicates three research themes; membrane distillation (MD), valuable resource recovery (VRR), and pressure retarded osmosis (PRO). GMVP has a vision to make a desalination plant more environment friendly. Unlike conventional plants, GMVP regards brines being discharged not as wastes, but as resources. By applying MD, PRO, VRR techniques on brines, GMVP envisions the future desalination plant with less brine volume, more energy efficient, and more values. In this presentation, you will hear why we started this project, what we plan to do in this project, and how far we came so far.

【Profile】

Education

1986~1983 Yonsei University, B.S. in Civil Engineering
1987~1989 Iowa State University, M.S. in Sanitary Engineering
1989~1993 Iowa State University, Ph.D. in Civil Engineering

Professional Career

1994~present Professor at Civil Engineering Department, Kyungnam University
2011~2014 President of Korea Desalination Society
2013~present Director of Global MVP

Research Interest

Seawater Desalination
Drinking water treatment

11:10-11:40
経済産業省大型ナショプロ/大幅な省エネルギー、省コスト型海水・下水再利用
システムの開発
Water Plaza/ Integrated System of SWRO & Sewage Reuse with large energy and cost reduction

P.E. Takeshi Shinoda, Secretary General of Global Water Recycling and Reuse Solution Technology Research Association (Japan)
海外水循環ソリューション技術研究組合 事務局長 篠田 猛

【講演内容】

世界的に顕在化しつつある水問題に対して、世界トップレベルの国内独自技術を結集・育成しながら水循環システム運営・管理ノウハウを蓄積するとともに、技術力を世界に発信することを目的とした“ウォータープラザ構想”を実現し、世界の水ビジネス市場におけるプロジェクト展開・収益拡大を図るため、WP北九州およびWP周南を建設し、実証試験と設備運営を成功させました。  
今回発表の省エネルギー・省コスト型海水・下再利用統合システムは実証規模で2年以上に亘って運転されたものです。ROを中心とした海水の淡水化と下水再利用システムを統合したもので、適切な薬品コントロールにてバイオファウリングを防止し従来の海水の淡水化システムに比較して39%の省エネルギー化を実証しました。

【講演者プロフィール】

1971年 3月 北海道大学 工学部衛生工学科卒

1971年 4月 日立プラント建設(株)入社

1989年 8月 同社 水処理部門 技術開発部長

2005年 4月 同社 プラントシステム事業部 常務執行役 事業部長

2010年 4月 海外水循環ソリューション技術研究組合 事務局長

ワークショップ

11:40-12:10
JDA/Mega-ton Project/ 「PROシステムによるエネルギー回収」/ 
Energy Recovery by PRO Systems
JDA / Megaton Project / PRO System

Mr. Hideyuki Sakai, President of Kyowakiden Industry Co., Ltd.
協和機電工業株式会社 社長 坂井 秀之

【講演内容】

海水淡水化施設の濃縮海水と下水処理場の放流水を使用して、塩分濃度差を利用した浸透圧発電(PRO)について商業利用の可能性を実用サイズで検証した。実証プラントは10インチの中空糸膜モジュールをエンジンとし、原水流量は各々400~500㎥/日で、出力は4~8kWである。1年間の連続運転を行い、PRO膜の持続性と条件変化による影響を確認した。商業的に成立するPRO膜の目標出力を10W/㎡(スパイラル膜換算)として試験を行った結果、10.1W/㎡の出力を得た。これらの実績を元に、出力100kWのPROシステムによる小規模水力発電所の建設を計画している。なお、大型海水淡水化施設に適用すれば、約10%のエネルギー回収が可能と推定される。

【講演者プロフィール】

1972年早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。同年日本軽金属株式会社に入社。工場と研究所を交互勤務する中で、チタンボライド溶融塩反応、アルミニウム溶湯清浄化、凝固解析等を用いたプロセス開発に従事。苫小牧製造所鋳物工場の工場長を経て、素形材事業部初代企画管理室長を務める。1997年協和機電工業株式会社に常務取締役として入社。2008年代表取締役社長に就任。2002年より浸透圧発電について東京工業大学と共同研究を開始。2007年度よりNEDO補助事業の研究代表者、2010年~2014年度「Mega-ton Water System」のサブテーマ「濃度差エネルギー回収」の研究メンバーとして参加。2011年より長崎大学客員教授に就任。

12:10-13:30昼休み/ Lunch Break
基調講演
13:30-14:00
戦略的創造研究推進事業/安全で持続可能な水利用のための放射性物質移流拡散シミュレータの開発
CREST/ A tracer simulator of fallout radionuclides for safe and sustainable water use

Prof. Taikan Oki, Institute of Industrial Science, University of Tokyo /Dr. Michio Murakami, Fukushima Medical University on behalf of Prof. Taikan Oki.
東京大学 教授 沖 大幹/代行 福島県立医科大学 准教授 村上 道夫

【講演内容】

科学技術振興機構CRESTの研究課題「持続可能な水利用を実現する革新的な技術とシステム」のもと、沖大幹教授を代表として、「安全で持続可能な水利用のための放射性物質移流拡散シミュレータの開発」を行っている。本研究では、原発事故によって放出されたヨウ素131 やセシウム137 等の放射性物質の大気および水環境中での挙動や被曝量を推計できるシミュレータを構築している。本発表では、これまでの研究成果の取り組みを紹介する。

【講演者プロフィール】

2006年3月に東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程修了。科学技術振興機構研究員(東京農工大学大学院共生科学技術研究院環境有機地球化学研究室(高田研究室))、東京大学大学院工学系研究科リサーチフェロー、東京大学総括プロジェクト機構「水の知」(サントリー)総括寄付講座特任助教、同講座特任講師、東京大学生産技術研究所特任講師を経て、2015年1月現在福島県立医科大学医学部健康リスクコミュニケーション学講座准教授。

ワークショップ
14:00-14:30
JDA/Megaton Project/ Microbial Processes in SWRO Systems

Prof. Kazuhiro Kogure, University of Tokyo
東京大学 教授 木暮 一啓

【講演内容】

沿岸海域には通常1mLあたり百万の細菌が存在しており、しかもその種数は多岐にわたる。 その大部分は海水中に浮遊状態で生存しているが、何等かの表面があれば必ずそれに付着する細菌がおり、条件に応じてバイオフィルムを形成する。これは高分子有機物、細菌および様々な真核性の単細胞生物、さらにはより大型の動物群からなる複雑な立体的構造体である。バイオフィルムは膜面を覆うことによってROシステムの効率を下げるため、その効果的な除去法はROシステムの効率的な稼働に大きく影響する。しかし、バイオフィルムの形成過程や薬品が細菌群集に与える影響については知見が限られる。本講演では、最新の遺伝子および代謝物質の分析機器を用いた結果をもとに、こうした基礎的な過程について述べる。

【講演者プロフィール】

1975年に東京大学水産学科卒業後、東大海洋研究所、海洋微生物部門にて修士課程、博士過程を修了し、1980年に農学博士。同研究所での奨励研究員を経て、1982年よりアメリカメリ―ランド大学ポストドクトラルフェロー。83年6月より東大海洋研究所、助手。93年より同助教授を経て、2002年より同教授。2010年に改組により東大大気海洋研究所、地球表層圏変動研究センター教授となり現在に至る。専門は海洋微生物の生理生態。近年は、分子生物的手法、とりわけ最新のDNAシークエンサをを用いた群集構造および機能の解析、さらに、光エネルギーを用いた海洋細菌の新しいエネルギー形成システムについての解析等を行っている。

14:30-15:00
Desalt & Reuse Water by Advanced Membrane Technologies

Dr. RUAN Guoling, Chief Engineer of ISDMU

【講演内容】

The activities of water purification, sea and brackish water desalination, sewage and waste water deep treatment and reuse, and the effort of zero liquid discharge by membrane technologies is introduced. The challenges to face water shortage and pollution by innovated membrane is analyzed, and the measures to solve the problems including the development of high performance RO membrane, larger capacity SWRO single train, anti-fouling membrane for water reuse, membrane concentration of liquid solutions, integration of thermal/membrane technologies for ZLD, recycling of construction materials and coupling of seawater desalination and sewage treatment plant to reduce water cost are put forward.

【講演者プロフィール】

Prof. RUAN got his doctor degree from Chemical engineering department, Zhejiang University at 1990, and he has 24 years of experiences in desalination. Besides the pioneer of multi-effect distillation in China, he spent a lot time on membrane technologies especially on membrane engineering, and setup a lot of models of new membrane utilization. Now he is leading his team on the development of large scale RO plant, the utilization of advanced membrane on waste water treatment, and the integration of membrane/ thermal technologies to realize ZLD.

15:00-15:20 コーヒーブレイク / Coffee Break
15:20-15:50
Bio-stability Evaluation and Control: a Different Story of Wastewater Reclamation and Reuse

Dr. Hu Hongying, Tsinghua University

【講演内容】

Microbial growth in reclaimed water brings about many kinds of undesired problems such as increasing odour, olour, turbidity and health risks, causing biofouling of membrane filtration especial of RO system, and enhancing corrosion of pipeline. Therefore, reclaimed water plants are required to produce biological stable water by proper treatment processes. Assimilable organic carbon (AOC) is an important parameter for determining heterotrophic bacterial growth potential of water. Pseudomonas fluorescens P17 and Spirillum sp. NOX are widely used strains to measure AOC of drinking water. However, our study showed that these strains are not suitable for AOC measurement of reclaimed water in many cases. So, new strains for AOC measurement of reclaimed water were isolated and the procedure was improved. The levels of AOC of the effluents of different reclaimed water plants were investigated. Most of the water samples collected from the existing treatment processes were not biological stable (AOC ranged from 100 ug/L to 2,000 ug/L). Ozonation increased the AOC levels of reclaimed water obviously, and it is different from drinking water that coagulation of secondary effluent also increased AOC levels of reclaimed water. These results showed that most of the existing advanced treatment processes are not effective to control AOC of reclaimed water. It is important to reevaluate and reconsider the existing treatment processes based on new concepts, new parameters and new methods from viewpoint of bio-stability of reclaimed water.

【講演者プロフィール】

Dr. HU Hong-Ying is a full professor of the School of Environment and the Associate Dean of Graduate School, Tsinghua University, China. He is the chairman of ISO TC282/SC2 (Water Reuse in Urban Areas), Member of Management Committee of IWA Water Reuse Specialist Group (WRSG); Chairman of the Committee on Safe Use of Non-conventional Water Resource, China Society of Water Industry, CCES. His research mainly focuses on water reuse, advanced treatment and disinfection of wastewater, quality evaluation and risk management of reclaimed water, and micro-algae based wastewater treatment and biomass/bio-fuel production.

15:50-16:20
Development of New, Improved Membranes and Membrane-Based Systems in Singapore

Assistant Prof. Chew Jia Wei, SMTC

【講演内容】

Membrane technology plays an increasingly important role in water supply, in part due to the escalating scarcity of freshwater resources caused by climate change and population growth. Unfortunately, despite substantial improvements in the past decades, current membrane processes continue to be plagued by excessive energy consumption and the generation of considerable wastes. Fortunately, excellent research efforts persist worldwide to tackle the pressing challenge. This presentation aims at reviewing the on-going efforts at the Singapore Membrane Technology Centre (SMTC) in developing new, low-cost and improved membranes and membrane-based systems for water, energy and environmental applications. Notably, the SMTC was set up to spearhead the R&D efforts in fundamental and applied research in membrane science and technology in Singapore. Our research span seven core themes: (1) Water production – water treatment, desalination; (2) Water reclamation – pretreatment and reverse osmosis; (3) Membrane bioreactors – conventional and novel; (4) Energy issues – improving energy efficiency and energy production from chemical potential gradients; (5) Special needs – chronic and acute, decentralized; (6) Sensors and process control – membrane monitoring and performance enhancement; and (7) Green technology – reduce environmental impact and improve profitability for current membrane-based processes.

【講演者プロフィール】

Dr. Chew has been an assistant professor with the School of Chemical and Biomedical Engineering (SCBE) and affiliated with the Singapore Membrane Technology Centre (SMTC) at Nanyang Technological University (NTU) since July of 2013. She obtained her Ph.D. degree from the University of Colorado at Boulder, where her dissertation was recognized nationally in the U.S. by the AIChE (American Institute of Chemical Engineers) George Klinzing Best Ph.D. Dissertation in Particle Technology Award. Prior to that, she received both her B.Eng and M.Eng degrees from the National University of Singapore. Her current research interests are in fluidized beds and membrane technologies.

16:20-16:50
FO-RO Hybrid Desalination Project:
An Ambitious First Step toward Low Energy and Low Fouling Desalination

Prof. SOHN Jinsik / Kookmin University

【講演内容】

The FO-RO hybrid desalination project funded by Korea Ministry of Land, Infrastructure and Transport (MoLIT) was started on Dec. 2014. The main objective of the project is to achieve higher energy efficiency through combining forward osmosis (FO) and reverse osmosis (RO) processes. In order to evaluate the effectiveness of the FO-RO hybrid system, pilot plant (1,000 ton/day) will be established. The presentation provides a brief introduction of the project including background and research contents.

【講演者プロフィール】

Education:

2000 : Ph.D. University of Colorado, Boulder

Professional Experience:

2002 - present: Professor, Kookmin University
2014 – present: Director, FO-RO Hybrid Desalination Project
2011 – 2013: Program Director, Korea Agency for Infrastructure Technology Advancement (KAIA)
1994 ~ 2002: Associate Director, Water and Wastewater Bureau, Ministry of Environment

Research Interests:

Desalination using Reverse Osmosis, Forward Osmosis, and Membrane Distillation
Statistical Modeling for Disinfection and Disinfection by-products(DBPs)

16:50-17:00
閉会挨拶/ Closing Address

JDA 副会長 藤原 信也 /Dr. Nobuya Fujiwara, Vice President of JDA, Director of IDA

TOPへ戻る

Copyright© 2014 ICS Convention Design, Inc. All rights reserved.